除菌(3DS)

新しい虫歯対策

3DS → Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)
虫歯菌を除菌する新しい予防治療法の紹介です。

虫歯の発生には、お口の中の細菌が関与しています。
例えば、無菌状態で育てた動物に糖類などの炭水化物をタッップリ食べさせます、当然歯磨きはしません。
すると太ることはありますが虫歯は発生しません。
しかし動物の口腔内に虫歯菌Mutans Streptococcなど)を移しますと、とたんに虫歯が発生します。

もう一度書きます、虫歯の発生には、お口の中の細菌が関与しています。
特にミュータンス菌の一種(Mutans Streptococciなど)は、虫歯の発生に深く関与しています。
これらのウ蝕原性菌(むし歯を起こしうる細菌)を除菌し菌数を下げれば、簡単に発生はしなくなります。
まさに夢のような、虫歯を発生させない画期的な治療法です。

3DSの理論

元:国立感染症研究所(現:鶴見大歯学部教授):花田教授の解説より 

むし歯の主要な原因菌であるミュータンス菌(Mutans Streptococciなど)は、通常の連鎖球菌(レンサキュウキン)とは違って、歯だけに付着して増殖するという性質があるため、歯の面に付いた主要なウ蝕原性菌だけに抗菌剤を使用することができれば、常在性の連鎖球菌を損なわずにミュータンス菌だけを選択的に減少させることが期待できます。
しかしミュータンス菌は、バイオフィルムという粘着質な細菌膜を歯の上に形成して、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境を作っており、また口腔内に投与された薬はすぐに唾液により希釈・除去されてしまいます。
そこでこの3DSでは、歯科医師・歯科衛生士らにより専門的な技術と器具を用いた歯面清掃処理(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)などを行って完全にバイオフィルムを除去した後に、歯の列にフィットしたカバー(ドラッグリテーナー)を用いて抗菌剤やフッ化物を一定時間歯面のみに塗布します。
この方法は、唾液で希釈されることなく、安全かつ確実に抗菌剤やフッ化物などの薬を歯牙硬組織のみに輸送・塗布することが可能で、これからのむし歯予防治療として期待されています。


順序
@ 口腔内の唾液テストをして、ミュータンス菌(むし歯を発生させる菌)の検査を行い、除菌が必要かどうかを確認する。
A 歯型を取り、上と下の歯型を印象してカバーを作製する。
B PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)などを行い、歯面よりバイオフィルムを綺麗にはぎ取ります。
C カバーに薬物を入れて、5分間そのまま置きます。
(下の写真は判りやすいように色を変えています)
D これを2回繰り返します。
(下の写真はカバーが掛けてある状態です、判りやすいように色を変えています。除菌の結果、歯の色が変わることはありません。)
E ジェルコートFご家庭では、次回まで1日2回(朝・就寝前の歯磨きの後)カバーにジェルコートF(殺菌剤とフッ素の入った歯磨剤)のジェルを入れて、5分間そのまま置きます。カバーをはずして、出来るだけ30分間は唾液を出すだけにしてください。
F 1週間後に再度、除菌操作を行います。
G ご家庭では1日2回(朝・就寝前の歯磨きの後)カバーにジェルコートFのジェルを入れて、5分間そのままにしてください。1週間は最低続けていただきます。
H その後も、ジェルコートFを通常の歯磨剤と使用していただくと効果的です。就寝前にふっ素ジェル(リンク→ふっ素ジェルの使い方)を使用すると更に効果的です。
I 効果を確かめるため、2ヶ月後に来院していただき唾液テストを行い菌数を検査します。
J 問題がなければ、初回から4ヵ月後、以降〜6ヶ月ほどの間隔で健診やPMTCを続けていきます。

注意
*一度除菌しましても、外からの再感染の可能性もあります、除菌後は特に歯ブラシや歯間ブラシを新しいものに換え、歯間磨きや舌磨きも励行してください。
*糖度の高い食餌は当分のあいだ控えてください、むし歯菌の再定着を防ぐのに効果的です。
* ウ蝕の発症には、様々な要因が複雑にからんできます。特に生活習慣などは重要です。(リンク→ムシバを科学する
*また、歯石の除去やPMTCなどのメンテナンスのために最低4〜6ヵ月に一度は来院をお願い致します。
* 治療に際しては殆ど痛みを伴うことはありません。
ページトップへ