診療内容のご案内

一般、小児、矯正

手術風景 大森歯科医院では、生涯を健康なお口で過ごしていただくために、ムシ歯と歯周病などの病気を予防し、治療してもその後再発させないことを第一に考えています。
そのためには、病気の原因であるバイオフィルム(ばい菌のかたまり)を取り除く必要があります。奥歯の隅の方や歯と歯の間、 歯と歯ぐきの間の溝にあるバイオフィルムは、ご家庭でのブラッシングでは取り除きにくいのですが、病気はたいていそこから始まります。
歯科医院で専門的な器具を使ってバイオフィルムを定期的にクリーニングしなければ、健康に維持することは難しくなるのです。

大森歯科医院では、はじめに来院される全ての患者さんに口の中の検査(一部保険外)を行い、個別に情報提供しています。
それから、今までに溜まっていたバイオフィルムや歯石を大掃除します(初期治療)。初期治療の結果、どのくらい口の中の状態が良くなったのかを調べ(再評価)、 その上で担当の歯科衛生士をつけて、3ヶ月〜6ヶ月に1度丁寧にバイオフィルムを取り除くメインテナンスをしています。

こういった歯科医療システムは、まだ日本では新しいものですので、戸惑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、歯科先進国では病気の情報について十分な説明を受けて、 メインテナンスを続けることは歯科医院の常識になっています。私たちも、皆さまの生涯のお口の健康管理について、安心してお任せいただけるように努力しています。

ご自分のお口の中の様子についてさらに詳しく知りたい方には、患者さん向けセミナー(無料)を受けられることをお勧めします。 月に1度、研修室にて当院の歯科医師と歯科衛生士がお話をしています。またMTM(メディカルトリートメントモデル)についてでも内容をご説明しておりますので、ご覧いただきますようお願いいたします。
ページトップへ