原因追求・治療計画(大森歯科医院)

大森歯科医院ではスタッフを含め、原因を追求し対策を練り、

そこから導き出された治療・メインテナンス方針に則り、

日々の診療を行っております。

そのために、始めのころに様々な検査をさせていただき、

各患者さんのオリジナルの原因追求・治療計画のお話をさせていただいております。

 

原因追究(メインテナンス)

「なぜ」の部分が解明されると、敵を知ることになり、

戦略つまり対策を講じることができます。

 

 

出来てしまった虫歯を削って詰めるのは、なんら根本的な解決にはなってはいません。

ただし、できてしまった虫歯は、削らないと止まらないので削る必要があります。

しかしながら、原因追求をし、そこから導き出された治療・メインテナンスをしなければ、

いくら削って詰めて一度治ったとしても、数年後に次から次に虫歯が発生してきます。

その人オリジナルの原因を解明し、オリジナルの治療計画・メインテナンス計画を立て、

それを実践する必要があるのです。

原因追究(予防歯科)

話は戻って、虫歯治療の場合はどうでしょう?

虫歯の原因はもちろん虫歯菌です。

しかしながら今後虫歯にならないようにするためには

「なぜ」虫歯になったのかを追求し、真の原因を探らなくてはならないのです。

 

歯磨きが足りていないのが原因なのか?
生まれつき歯が弱いからなのか?
ひっきりなしに何かを飲食しているからなのか?
病気で処方された薬のせいなのか?
加齢により唾液量が減ったからなのか?
くいしばりによりエナメル質にヒビが入ったからなのか?
以前入れてもらった詰め物がぴったり合っていなかったからなのか?

 

この「なぜ」の部分が解明されると、

つまり敵を知ることになりますから、

戦略つまり対策を講じることができるのです!

原因追求(予防歯科)

いわゆる虫歯治療は、“歯を削って詰め物を入れる”ですね。

しかしこれは一般医療における ”対症療法” にあたります。

 

例えるならば、糖尿病の患者さんに血糖値を下げる薬を処方する。

これが対症療法です。

本来「なぜ」糖尿病になってしまったのか?原因を追求します。

そこから導き出された治療法は食事療法なのかもしれません。

この食事療法が根本治療にあたります。

血糖値を下げても根本的に食事を変えないことには治らないのです。

原因追求(予防歯科)

日本の歯科医療に最も足りていない部分は、「原因追求」です。

 

ひとりひとりのリスク(病気になりやすさ)は千差万別です。

人によっては虫歯になりやすい、

人によってはくいしばりの力によって歯が壊れていっている、

また人によっては歯周病になりやすいといったような差が存在します。

ですので原因追求をし、その人のリスクを診断する必要があります。

予防が大事

歯を健康で長く残していく為には、予防が大事です。
予防歯科の考え方は日本にはまだ定着していませんが、それは歯の治療より重要です。

おそらく皆さんは「歯が痛くなったら歯科医院に行く」という方が多いのではないでしょうか?
しかしトラブルが起きてからでは遅いのです。
大切なことはトラブルが起きないようにすることです。
これが予防の考え方です。

 

治療は、痛みを伴ったり時間がかかったり費用がかかったりで、できれば避けたいとお思いでしょう?
予防はそのようなことはありません。簡単です。
大切なのは、皆さんのやることとわれわれ(スタッフ)がやることを明確にし、それをきちんとやることです。
そうすれば必ず良い結果が伴います。

 

どうぞこれからは「トラブルが起きたから歯科医院に行く」のではなく、

「トラブルが起きないように歯科医院に行く」ようにしてください。
そうすればトラブルやストレスのない、健康的な生活を手に入れることができるでしょう

健診・人間ドックと歯科検診2

国民の医療費は急増していると言われています。
歯科に関しては、治療よりも予防は費用がかかりません。
会社の社会保険に関しても医療費が削減できれば会社としては嬉しいはずです。

 

そして個人でもそれは同じです。
定期歯科検診を受けることでトラブルが激減します。
歯医者に行って痛い思いをすることも減りますし、歯科の医療費も削減できます。

 

ぜひ会社の健診にしっかりとした歯科検診を。

そしてみなさんも定期歯科検診を受けていただきたいと思います。

健診・人間ドックと歯科検診

会社での健診や人間ドックを定期的に受けられる方はとても多いです。

 

病気を未然に防ぐ。また早期発見早期治療のためですね。

 

しかし日本では歯科の定期検診を受けられている方は少ないです。
歯のトラブルは全身のトラブルより、定期検診で確実に予防できるのに・・・。

 

私はぜひ今後は会社の健診に、地域の健診に、歯科検診を含めていただきたいと思っています。
しかもそれは学校歯科健診のような表面的なものではなく、しっかりとした歯科検診です。

日本での歯周病検査

歯周病がまさに進行している歯茎の中の歯周病菌を取るためには、

歯周病検査をして歯周病菌がどこまで入り込んでいるかを見極めないといけないのです。

 

残念ながら日本ではきちんとした歯周病の検査をしてくれる歯科医院は少ないのです。

他の歯医者で歯周病治療・歯周病予防がなされずに、患者さんが困って、

当院に流れ着くように来られる方がとても多いです。
そのような方々にきちんとした歯周病の検査を行い、歯周病の説明をいたしますと、

大変ショックを受けられます。
人によってあまりのショックで泣き出した方もいらっしゃいました。

 

「前の歯医者では歯ブラシをきちんとしておけば大丈夫と言われた。

その前の歯医者では歯石取りをされたが歯周病検査はしてくれなかった。
あれは意味のない治療だったんだ・・・・」と。
でもご安心ください。その方々はきちんとした歯周病検査と歯周病治療を受けられて、

すっかり良くなっています。

 

どうぞきちんとした歯周病検査を受けてください。
そして適切な歯周病治療・歯周病予防を受けてください。

日本での歯周病検査

歯周病はしずかに・無症状に進んでいきますので患者さんは分かりません。
そして我々歯科のプロでも見ただけでははっきりと

どのくらい進んでいる歯周病かは判別できません。

 

歯周病の検査をしないと分からないのです!

 

ということは、いままでに「歯石取りをしたことがある」方は

どのような歯石取りを受けたのでしょう?

 

それは歯周病の最前線である歯茎の中の歯石は取らずに、

“歯茎の上の歯石のみ取られていた”、ということです。
これは歯周病治療にも歯周病予防の効果がありません。

歯周病がまさに進行している歯茎の中の歯周病菌を取るためには、

歯周病検査をして歯周病菌がどこまで入り込んでいるかを見極めないといけないのです。

ページトップへ