キシリトールについて

<虫歯になりにくい食べ物を選択する上での注意点>

 

キシリトールガムで虫歯予防のしくみは、お解かりいただけたと思います。
それでは、キシリトールガム以外のものも虫歯になりにくい食べ物を選びたいという方に、
注意すべき点を挙げておきます。
あなた自身が鋭い視点をもって食べるものを選ぶことができれば、
キシリトールはいままでの何倍も役に立つことでしょう。

 

その1 「キシリトール入り」「砂糖不使用」の文句に注意!!
甘味料はキシリトールと砂糖以外にもたくさんあります。
その中には当然虫歯の原因になるもの(例えば水飴・麦芽糖・果糖)もあります。
キシリトールが入っていても砂糖などが入っているもの、砂糖が入っていなくても
麦芽糖などがはいっているものはたくさんあるのです。
キシリトールか他の糖アルコール(マルチトース・ソルビトールなど)
100%であることを確認しましょう。
キシリトール100%を選ぶ! これが重要です!

 

キシリトールについて(虫歯予防)

<キシリトールの上手な使い方>

 

前回ご説明したとおり、キシリトールの成分には虫歯予防の力はほとんどないのです。

例えば、歯磨き粉にキシリトールが含まれていても、その効果はほとんど無いのです。

ではどのような使い方が良いのでしょうか?
結論から申し上げると「キシリトール100%のガムを食後すぐに噛む」ことです。

 

これについてもう少し詳しく説明していきましょう。
ここでまず思い出していただきたいこと、それは

「虫歯菌は、食物が口の中に入ってきた瞬間から酸を出し、歯を溶かし始める」
「新鮮な唾液は虫歯菌が出した酸を中和し、さらに再石灰化を促進させるという
2大効果がある」

ということです。

 

つまり、唾液がたくさん出れば、虫歯予防になるのです。
では食事のあとすぐに新鮮な唾液をたくさん出すために私たちは
どうしたらよいのでしょうか?
それは「噛むこと」「甘味」という刺激を脳にあたえればよいのです。
噛むという行為や甘いと感じることは、脳に伝達され、
唾液の分泌を促進させるのです。
ただし甘味は虫歯の原因になるものではいけません。
キシリトール100%のガムはそれを全て満たしているのです!
キシリトールガムを食後すぐに噛むと、“噛む刺激”と“甘い刺激”で
活発に唾液が分泌されます。
その唾液は、虫歯菌から酸がたくさん放出され歯が溶け始めている環境を、
素早く中和し再石灰化を促進させるのです。

キシリトールガムの正しい使い方=食べたら噛む

次回は、虫歯になりにくい食べ物を選択する上での注意点について、お話したいと思います。

キシリトールについて(虫歯予防)

<キシリトールで虫歯は治る?>

 

キシリトールは再石灰化を促進させるとも言われていますが、本当なのでしょうか?

 

虫歯菌の出す酸によって、歯の表面のハイドロキシアパタイトの結晶から
カルシウムなどが溶け出し結晶構造が崩れる現象を脱灰といいます。
(=虫歯のはじまり)

一度脱灰がおきても初期段階であれば、新鮮な唾液に触れることによって、
唾液中のリン酸やカルシウムがそこに再び沈着して結晶のミネラル成分が

回復します(=虫歯部分の修復)
この現象を再石灰化といいます。

 

ではキシリトールはどうかというと、脱灰したところの再石灰化を促進させるという
報告もありますが、実はこの作用はあまりにも小さいのです。
砂糖によって虫歯ができる力を100とすると、キシリトールが再石灰化する力は
0.1位なのだそうです。
つまり残念ながら再石灰化力は無いに等しいということなのです。

キシリトールを歯に塗りつけても効果ありません。

次回は、キシリトールの上手な使い方についてお話いたします。

キシリトールについて(虫歯予防)

<キシリトールはなぜ虫歯の原因にならないの?>

 

今回は、なぜキシリトールが虫歯の原因にならないのかについて、お話ししたいと思います。

 

一般的に砂糖と呼ばれるショ糖をはじめ、果糖・乳糖・麦芽糖などの糖類を、
虫歯菌は取り込み、かわりに歯を溶かしてしまう酸を産生します。

しかし、糖アルコールは、虫歯菌が取り込んでも、酸を出さないのです。
そのため歯は溶けないのです。
つまり、キシリトールを代表とする糖アルコールは虫歯を作らない甘味料で
あるということです。

キシリトール=“甘いけど虫歯にならないもの”

 

では、次回はキシリトールで虫歯は治るの?というお話をしたいと思います。

キシリトールについて(虫歯予防)

巷ではキシリトールの話題が取り上げられ、また、虫歯を作らない・再石灰化を
促進するという謳い文句で様々な製品(食品)が売られていますが、
皆さんはどんな風に使っていますか?

ところでキシリトールって一体何なのでしょうか?
フッ素とは違うものなのでしょうか?
そして商品に書かれた宣伝はどこまで真実なのでしょうか?

今回は、そのような疑問を解決し、効果的に使っていただくために
キシリトール特集でいきたいと思います。

 

<初めに・・・キシリトールとは>

キシリトールは甘味料の一種で、糖アルコール(ブドウ糖・麦芽糖などに水素を
加えて還元したもの)という分類になります。
糖アルコールは他にソルビトール・マルチトース・エリスリトール・マンニトール
などがありますが、そのなかでもキシリトールが最も甘さが強く、
砂糖と同じくらいだそうです。
キシリトールは過去には白樺や樫の樹液に含まれる物質を使用して製造されて
いましたが、今ではそのほとんどが、とうもろこしの芯から工業的に作られています。

ですから、キシリトール=天然の甘味料というイメージが強いのですが、
実際には人工甘味料なのです。
安全性においては世界的にも認められており安心して使用できます。

 

では、次回はキシリトールはなぜ虫歯の原因にならないか?について、お話ししたいと思います。

 

フッ素の有効性と使い方(虫歯予防)

フッ素はキチンと使えば、虫歯予防にとても有効なお薬ということが分かりました。

では次に使い方ですが、フッ素含有の歯磨き粉を使うのが手軽で長続きすると思います。
歯磨き粉にフッ素が含有してある製品はたくさんあります。
これらの製品は厳密にはフッ化物が添加されています。
フッ化○○○とかフルオロ○○○という形で記載してあり
1000ppmが最高限度の濃度です。

 

そして歯磨きが終わったら、すすぎを軽くするのがポイントです。
これはフッ素が流れ落ちてしまわないようにするためです。
少し気持ち悪い気がされるかもしれませんが、歯磨きした後に少量の水
(おちょこ2杯くらいの量)で短時間すすいだら、吐き出すようにします。

 

歯磨き後にフッ素ジェルを塗布する方法もあります。
こちらは塗りつけたあとにうがいはしません。
年齢が低く、うがいのできない子供さんにはこちらのほうが向いているでしょう。

特に夜寝る前の歯磨きのときにこれを行うと非常に効果的です。
寝ている間、しっかりとフッ素コーティングされるのです。
ただしこのコーティングは永久的ではありません。
使い続けてこそ効果も続くのです。

フッ素の有効性と使い方

では、フッ素はどうでしょう?
まずフッ素の有効性から説明します。

虫歯で歯が溶けるのは、まず、菌の出した酸のHイオンが歯の成分である
Caイオンと入れ替わることで起こります。
歯からCaイオンが出ていくことで、歯は崩れて(欠けて)いくのです。
しかしF(フッ素)イオンが歯の表面をコーティングしてHイオンを
はね返すことで、歯が溶けずに済むのです。

なかにはフッ素は危険だと思っている方もいますが、それは誤解です。
昔、日本でも虫歯予防のために水道水にフッ素を添加していた時期があり、
過剰摂取になって副作用がでたことがありましたが、
今ではそのようなことは行われていません。
日常生活のなかではフッ素による害がでることは滅多にありません。

つまり、フッ素はキチンと使えば、虫歯予防にとても有効なお薬なのです。

虫歯菌を移さない工夫(虫歯予防)

~その他の注意点~

 

その他にも注意することは、遊び仲間からの感染にも配慮が必要です。

兄弟やお友達、お箸、食器、オシャブリ等お子さんが直接触れる可能性のある物は気を付けましょう。
乳幼児の行動パターンは種種雑多で複雑です。特に歯は色々な使い方がされています。
組み合わせのオモチャを歯を使ってはずすとか。その他の接するチャンスのある物達、玩具、道具など全て。

ペットからも虫歯菌が伝播した報告もありますので注意が必要です。
子供相手にディープキッス(?)は無いと思いますが、気をつけて下さいネ。

 

乳幼児は、自ら考えて虫歯予防のために管理出来ないので、母親など周りの保育者が気を付けなければなりません。
お子さんと接する時は、良く歯磨きして、お口の中もきれいにしてから接してあげて下さい。
ご自分達で、この他にも色々考えることが出来るかと思います、要はいかに清潔に保ってあげるかと言うことです。

虫歯菌達を、ちょっとした工夫で感染させないようにする事が大切なのです。

虫歯菌を移さない工夫(虫歯予防)

~お子様の歯ブラシを優先的に~

 

保育者が、お子さんの歯磨きをする時は出来るだけ、

お子さんの方を優先させてあげて下さい。
必ず、手を良く洗いましょう。

この逆ですと、保育者が歯磨きをした後なので、手には保育者のダ液がたっぷり付いている。
しかも虫歯菌が多い人だったら 、その虫歯菌のたっぷり入ったダ液が、

保育者の手から子供の歯ブラシを伝わって、口の中へ!!

 

コップも別にしてください。

虫歯菌を移さない工夫(歯ブラシ)

~歯ブラシの管理はいかがですか?~

 

お口の中の微生物をブラシを使って除去するのがブラッシングですが、
その歯ブラシ自体が汚い微生物だらけであったならば!

 

コップの中には、仲良く歯ブラシが入っているとします。歯ブラシのブラシ同士がくっ付いています。
→虫歯菌を移します。

 

歯ブラシの、ブラシの部分がコップの下に入っていれば湿めり気でカビが生えそう。
→虫歯菌を増やします。 理想的な管理方法を考えてみて下さい。

ページトップへ